スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
20××年 某病院の外来にて5
カテゴリ: 近未来日記
            20××年 某病院 救急外来(ER)にて

頭痛の患者がCT検査の説明を受けているその頃
ERでは外来診察の受付が開始された。

受付に患者はたくさんやってくるが、その多くはがっかりした
顔で帰って行く・・・
昨日からの積み残しがあるようだ。

今外来診察に呼ばれた人は昨日の今頃申し込んだらしい・・・。


救急受付にて

患者B(以下 患B)
  「あの~ 診て欲しいんですが。」

受付「症状は何でしょうか」

患B「昨日から熱があるんですが~。」

受付「熱以外には何かありますか?」

患B「いや特にありません。」

受付「では受診契約書をよくお読みになり記載してください。
   尚、判例では救急においては重要事項説明も不要とされております。
   自己責任においてよくお読みになって署名をお願いします。
   そして この発熱用問診票に記載してください。

   この時点で料金が発生しますので
   問診料として△千円お支払い下さい。
   またその後の診察を受けられるのでしたら
   預託金○万円かクレジットカードをご登録下さい。」

患B「もうお金がいるんですか?」

受付「申し訳ありません。
   救急での料金不払いの方が多いために今年から
   やむを得ず預託金をいただいております。
   よろしくお願いします。」

患B 不服顔で書き込んで受付に問診票とクレジットカードを差し出した。

患B「書きましたよ。」

受付「では本人確認用の最新の指静脈登録システムに登録します。
   右人差し指をここにあててください。」

  患B 指を差し出す

受付「また 万一指をけがした場合に備えて ご本人しか答えられない
   質問とその答えを登録させていただいています。

   通常は 『母の旧姓は』を登録される方が多いのですが・・
   それでよろしいですか?」

患B「いいですよ 母の旧姓 □□ です。」

受付「では ここにお書き下さい。」

  患B 記入する。

受付「これでお間違えないですね。」(画面を見せながら)

患B「はい 間違いないです
   で いつ頃診てもらえそうですか?」

受付「現在救急室はかなり混み合っておりまして
   症状重傷度別にお呼びする順序が変わります。
   看護師が問診を確認しますので少々お待ち下さい。」

看護師A(以下看A)
  「△△■■さま~ 本人確認をさせていただきます。」

看A 指をあてながら
  「問診票を確認させていただきました。
   発熱だけで他の症状がないため 優先度Bとなっております。
   優先度A以上の人が先に診察となります。

   おそらくは明日の朝に間に合えば良いほうかとも思いますが
   その他にも早く診療に入れるシステムもございます。
   あちらのブースで5分間のビデオが繰り返し流れておりますので
   ご覧になってご確認下さい。

   何かご希望がありましたら受付にお申し出下さい。」

患B 説明ビデオを見に行く。
   ちょうど新しく始まったところだった。

ビデオ映像が液晶画面に流れ始めた。

  「○○総合病院救急外来の受診並びに料金システムについて
   ご説明いたします。

   当院では症状重傷度別にお呼びする順番が変わります。
   軽症の方には長時間お待ちいただきますが
   限られた医療資源を有効に使うため どうか
   ご理解のほど お願い申し上げます。

   尚料金については 無過失保険料含めて 通常の日勤診療の
   約3倍かかります。
   この点についてもどうかご了承下さい。

   またお急ぎの方のために 別のシステムもございますので
   ご説明いたします。

   まず完全自由診療をご希望の場合は 申し込み順に
   当院の経験ある救急専任医が診察させていただいております。
   料金は通常の救急保険診療自己負担の約10倍になりますが
   優先度A以下の方よりも早く診察させていただきます。

   次にまた研修医診察システムをご紹介します。
   指導医の指導のもと研修医が診察いたします。
   また 必要に応じて上級医が診察します。

   これについては 優先度にかかわらず、研修医診察システムを
   ご希望になった順番に診察させていただいております。

   料金は 通常の日勤診察の約2倍となりますが、比較的早く
   診察させていただいております。

   尚 この研修医診療システムにおいては 故意による場合を
   除いて医療事故一般について免責とさせていただいております
   のでご了解ください。

   通常のシステムでの診療は 救急の専任スタッフと免許取得後5年目
   以降の専門研修医が 重傷度による優先度順に診療致します。

   お待ちいただいている間に症状が増えたり、強くなった場合は
   お呼びする順序が変わりますので 遠慮なくお申し出下さい。」

患B「・・・・」

そこへ 救急車のサイレンが鳴り響いてきた。

待合室にアナウンスが・・・

「ただいま 重傷度AAAの患者様が救急車にて受診されます。
重傷度AA以下の患者様におかれましては、待ち時間がさらに延びますが
どうかご了承下さい。」 


もう少し続くみたいです~。 

でも ちょっと切れ味鈍ってきたなあ
スポンサーサイト
編集 / 2007.07.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。