スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
奈良 大淀病院事件について
カテゴリ: 医療全般
今日 この事件の民事訴訟の初公判が開かれます。
この件について触れる前に お亡くなりになられた方の御冥福を祈るとともに
ともに悲しまれている多くの方に哀悼の意を表します。


さて 私事ですが 先頃 第4子となる娘を授かりました。
妊娠中に伝染性紅斑(リンゴ病)にかかったり、いろいろ
ありましたが、無事に出産することができました。

こういう場合においても 医学的知識は時として邪魔をします。
不幸な転帰をたくさん知っているだけに何か起きるのではないかと
ついつい考えてしまいました。


昔に比べればお産で命を落とすことは少なくなりました。
しかし 医学・医療体制が進歩した現在でもこれをゼロにすることは
今のところ実現できておりません。

子供授かったら ただただ母子共に無事に出産を終えて欲しい
これは皆考えるところでしょう。

私は幸いにして無事子供を授かったわけですが
残念ながら今回の事件ではその願いが届きませんでした。

残された方々にとってはさぞ無念であったことと思います。



今回 「真実を知りたい」とのことで訴訟が起こされ
町と担当医が訴えられています。
ある意味訴訟は仕方ないにしても 担当医が対象になっていることは
非常に残念に思います。

当事者でない私の知る情報は 限られていますが
今のところ知り得る範囲においては 担当医が責任を問われるとなると
すべての医療が成立しなくなる可能性があり
そのことに非常に危惧を覚えます。

その意味において 今回の訴訟においては
大淀病院の担当医を支持したいと考えています。

誤解を受けるリスクは覚悟してもそう発言せざるを得ないことを
どうかご理解いただきたいと考えます。



結果が得られなかったことに対する無念さは理解できます。
ただ今回のケースにおいては やはり機会の均等と結果の均等を
正しく理解していただくことが必要かと考えます。

転医が必要であったとしても
速やかにその機会があたえられなかったとしたら
それは機会の均等を与えることができなかった行政や医療システムの
問題であり、医師個人のものではないと考えます。

一方で 医療において結果の平等・均等は保証し得ないことは
どうか今一度確認していただきたいと思います。


どうか マスコミの煽動報道にだまされることなく
医療の現実の正しい理解を皆様にお願いしたいと考えます。

ブログランキングにご協力を → 


<追加>
関連リンク
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070625
http://blog.m3.com/TL/20070625/3
http://swedenhouse-oita.cocolog-nifty.com/pediatrics/2007...
http://guideboard.blog.com/1877291/
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/06/72_8...
http://blog.m3.com/case-report-by-ERP/20070625/1
http://zainomusou.blogspot.com/2007/06/blog-post_25.html
http://d.hatena.ne.jp/takuzo1213/20070625
http://slummy.cocolog-nifty.com/oshiro/2007/06/post_9a2e....
http://blog.m3.com/Visa/20070625/2
http://blog.m3.com/nana/20070625/1
http://blog.so-net.ne.jp/kyouteniiretamono/2007-06-25
http://blog.goo.ne.jp/peak1839/e/a74d79de787611ac83568fce...
http://plaza.rakuten.co.jp/tinyant/diary/200706240000/
http://blog.m3.com/Neurointervention/20070625/1
http://blog.m3.com/Fight/20070625/2
http://blog.livedoor.jp/cima7771/archives/50895792.html
http://ameblo.jp/y-gami/entry-10037764967.html
http://d.hatena.ne.jp/physician/20070625
http://blog.hashimoto-clinic.jp/200706/article_3.html
http://medicalfootball.blog69.fc2.com/blog-entry-81.html
http://d.hatena.ne.jp/guri/20070625
http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/archive/2007/06/25
http://blog.m3.com/OB_Gyne/20070625/1


スポンサーサイト
編集 / 2007.06.25 / コメント: 12 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。