スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
どれだけできたら総合医?
カテゴリ: 地域医療~全国
どうやら 厚労省も本気なんでしょうか?
でも事実上半年で準備できるのでしょうか???

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070430ik02.htm
受診、最初は「総合科」 専門医に橋渡し

 厚生労働省は、専門分野に偏らない総合的な診療能力のある医師を増やすため、新たな診療科として「総合科」を創設する方針を決めた。

 能力のある医師を国が「総合科医」として認定する仕組みを整える。初期診療は総合科医が行い、必要に応じて専門の診療科に患者を振り分ける2段階方式を定着させることで、医療の効率化を図り、勤務医の労働環境の改善にもつなげる狙いがある。日本医師会にも協力を求め、5月にも具体策の検討に入り、早ければ来年度中にもスタートさせる。
厚労省来年度にも創設

 総合科は、「熱がある」「動悸(どうき)や息切れがする」「血圧も高い」など一般的な症状の患者の訴えを聞き、適切に治療したり、専門医に振り分けたりする診療科を指す。同省では、開業医の多くが総合科医となり、いつでも連絡がつくかかりつけの医師として、地域医療を支える存在となることを期待している。

 医師が自由に看板を掲げられる内科、外科、皮膚科などの一般診療科とは区別し、総合科医を名乗るには、同省の審議会の資格審査や研修を受けたうえで、厚労相の許可を受けなければならない。国が技量にお墨付きを与えるこうした診療科は、これまで麻酔科しかなかった。

 日本の医療現場はこれまで、日常の診療を行う診療所(開業医)と、24時間対応で入院と専門治療に当たる病院との役割分担があいまいだった。このため、胸の痛みやめまいなどを感じた患者が、どの医療機関にかかるか迷った末、大事を取って専門性の高い病院に集中。軽症患者から救急患者まで多数が押し寄せる病院では、医師の勤務状況が悪化し、勤務医の退職が相次ぐ一因にもなっていた。

 同省では、総合科導入を「医療提供体制を改革する切り札」と位置づけており、5月にも医道審議会の専門部会で議論に入る。将来的には、診療報酬上の点数を手厚くすることも視野に入れる。

 能力の高い総合科医が増えれば、初診の患者が安心して総合科を訪れるようになり、「3時間待ちの3分診療」と言われた病院の混雑緩和にも役立つ。例えば、疲労を訴える高齢者が総合科を受診した場合、高血圧など基本的な症状の改善は同科で行い、心臓などに深刻な症状が見つかれば、速やかに専門医につなぐ仕組みを想定している。

 厚労省とは別に、今月から「総合医制度」の具体的な検討に入っていた日本医師会(唐沢祥人会長)も、総合的な診療能力のある医師の養成で同省に協力していくことを確認。総合科の創設についても、「患者が求める方向であり、異論はない」(地域医療担当理事)としている。

 2005年10月現在、全国の病院(病床数20床以上)の数は9026で、前年比0・6%減。一方、診療所(同20床未満)は9万7442で、前年比0・4%増となっている。
(2007年4月30日 読売新聞)



 能力の高い総合科医が増えれば、初診の患者が安心して総合科を訪れるようになり、「3時間待ちの3分診療」と言われた病院の混雑緩和にも役立つ。


現場を知らない人達が、考えているのがありあり・・・

能力が高ければ さらにどんどん総合病院へ紹介状なしで押し寄せて来るに違いない。
結局は さらに待ち時間が延びるだけ。
待ち時間だけが 受診抑制のキーワード。

例えば、疲労を訴える高齢者が総合科を受診した場合、高血圧など基本的な症状の改善は同科で行い、心臓などに深刻な症状が見つかれば、速やかに専門医につなぐ仕組みを想定している。

「疲労」が主訴の患者さんを診ることがどれだけ大変なのかわかっているのだろうか?
ま わからないからしゃあしゃあとこういうことを言えるし、それをそのまま記事にできるんだろう。

疲労が主訴であれば うつ病も考えるし、悪性腫瘍、内分泌疾患
さらには糖尿病などありとあらゆる病気を考える必要がある。
当然丁寧な病歴も必要だし、患者は
「検査して欲しい」
のだ。
初診で30分は当たり前、それですめば御の字だ。
短く終わらせれば クレームの嵐。


さらにはこうした仕事を担う人材は どこからか湧いてくるのだろうか?
トレーニングはどうするんですか?
誰が資格認定するんですか?
学会に入っていればいいわけでもないのは自明の理だが。


例えば 我が勤務先 スタッフ100名 研修医30人余ですが
総合診療担当は スタッフ1名 後期研修医1名ですが。
毎日内科だけで新患多数。
紹介状なしで20名以上はありますが・・・
とっても回らない。

医師30~40名程度の病院ではどうするんでしょうかね?


報道されただけの内容であれば
本当に「総合科」なるものが整備されれば
さらに基幹病院への 紹介状なし患者が集中します。


どうするんだろうか?

基幹病院の「総合科」を整備するのではなく
診療所、中小病院の主治医機能の強化が重要なはずです。
基幹病院の「総合科」整備の必要性とは別の問題です。



患者さん達は もう自分の考えで受診できる便利さを
有り難さを通り越して振り回してしてしまっています。
ある程度強制力を発揮しなければ専門医受診への流れは
断ち切れないのです。

おそらくは今後も基幹病院受診が加速していくだろう。
「総合科」作ろうが、そこで専門医受診を希望されれば
現場では抵抗できないのだ。


今の体制を大きく崩さずに持ちこたえたいのなら
残念ですが、日本の誇るべきフリーアクセスを
制限せざるを得ない・・・


これが 現場での私の意見です。










スポンサーサイト
編集 / 2007.05.01 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。