スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
相変わらず 学習効果なし 道庁
カテゴリ: 地域医療~北海道

北海道新聞に こんな記事が・・・

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070328&j=0045&k=200703286193
道医療対策協 地域勤務条件に奨学金 08年度から 道内医大生が対象  
2007/03/28 07:10



道庁も懲りないですねえ・・・
こういうひも付き奨学金は なかなかうまくいっている例は少ない。
だって自治医大の卒業生だって 北海道の場合は義務あけに離散してしまっている。

義務の間の面倒だけでなくて 義務の前から研修や義務あけの保証など一貫した体制が大事。
中途半端なら金返されてしまって全部パー

医者に限らず 看護師だったり、作業療法士なんかでも失敗した事例たくさんありますよ。種撒いて3年待って収穫しようとしたらよそにかっさらわれてしまうので非常にがっくり来ます。

もっとも その間のフォローをちゃんとしていないからというのもある。

やっぱり雑草抜きも肥料も水もやらなくちゃ。

でも この記事を読む限り、道庁がお金出すんじゃなくて、どうも派遣希望の市町村からお金出せよ という風にも見える。ま道庁も金がないし、市町村に金を出せて制度のみというところか。

改めて言うが、こんな奨学金制度作っても金だけ与えればというのは成立しない。

その後のフォローをやらなければ同じ。
自治医大生にできていないのにできるはずなし。


本当にこういう奨学金制度定着させたいのなら かなり思い切ったやり方が必要。

私が北海道知事なら 

札医大と旭川医大を国と交換する。
旭川医大を学士入学のみの医学部にして経費を浮かせ、その分奨学金に充て、自治医大形式の全員奨学金付きの学生にする。これなら費用は十分捻出できるだろう。

100人分ともなるとそれは確固たるシステムを作らざるを得ないだろうし、一部返されてもかなり地元に定着するだろう。こういうひも付きのやり方がよいとは思わないが、成功させるとなるとそのくらい思い切ったやり方が必要だと思う。
スポンサーサイト
編集 / 2007.03.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。