スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
やってみて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ
カテゴリ: 地域医療~全国
有名な山本五十六の言葉です。

医療も同じですよね。

やってみて……………実践(ロールモデル)
させてみて……………指導(指導医・指導体制)
ほめてやらねば………評価(報酬や尊敬)

三つそろって人は(医者も)動くということですね。


残念ながら日本では職人としての誇りが重視され、先輩は背中をみせるもの、技術は盗むものというような風潮があったように思います。

医療においてもその傾向はありました。教授とは名ばかりで。自分の体験でも技術を教授してくれる人なんてほんとお目にかかりませんでした。失敗に罵倒されることは多々ありましたが、ほめてもらった記憶はあまりありません。

ごく少数の超一流の職人を育てるためには上記の方法は有効かも知れませんが、こと医療において人材養成はお金と時間がかかります。一握りの名医しか育たないようではやはり問題があるのです。そのため安全で一定のレベルに皆を引き上げるとなるとやはり教育のシステムが必要でしょう。

医局制度に依存し、医局員をいきなり現場に出したりへき地に出向させて育ててきた日本における人材育成システムは、言わば「やってみて」をとばしていきなり「させてみて」からスタートしていたような側面がありました。それでも少しずつは整備していこうとしてはいたのですが、残念ながら医療の高度化と時代の変化に取り残されてしまったのです。

さらに悪いことに、ここへきて「ほめて」がなくなってきました。まあほめてもらわなくてもいいです。自身の経験でも本当にぎりぎりのところをよい治療で切り抜けられたときは、別に感謝されなくてもうれしいものです。そういうものって案外患者さんや家族にはわからないものなのです。

逆にミスではないにしても、経過がこじれたりして打つ手がなくなり、あとは無駄とは思いつつもできることだけをとにかく何でもやるといった治療をしたときなど、患者さんが亡くなったのに感謝されたりします。こういうときは本当に情けなく忸怩たる思いとはこのことかと思ったりするのです。

なかなかこういう気持ちってわかってもらいにくいものですが、それはそれとしても、昨今のごとく、足をひっぱり、倒れたところを袋だたきではどうにもなりません。まずは袋だたきにあうのをどうやったら防げるかになってしまうでしょう。

今の医療の姿にはこういう背景があるのです。医師としての良心だけでは限界なのです。医師も人の子です。人のためにがんばれるためには、自身の心身が健やかでなければなかなかむつかしいのです。

現在の医療崩壊は一朝一夕で始まったものではありません。ここまでひどい状態になるまでの背景にも是非目を向けてもらいたいものです。もう一つ、日本人が器用でこういったシステムの不備を現場の努力とかちょっとした無理でしのいできてしまったため、逆にどうにもならないこの時点まで、皆に気がつかせなかった、あるいは自分でも気づかなかったということもあるのかもしれません。

こう考えると、勤勉性とか器用さってある意味罪作りなのかも知れません。





スポンサーサイト
編集 / 2007.03.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。