スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
著作権と全文引用
カテゴリ: 全般
八重山毎日新聞の記事について書いたのだけれど新聞社からクレームあり。たったあれだけの量の記事でも著作権を主張しているのだ。

私も著作権があるのは認めます。
大事にしなければならないのはそれもわかります。

しかし こうしたニュースについてはそれについてきちんとコメントする限り、いわゆる見出し記事や天声人語のようなコラム的記事程度についてはURL記載必須で可能ならトラックバック付きで全文引用を原則とすべきだと逆に思う。

その理由。
ニュースサイトは時間が経てばその記事の保存形式を変えたりすることも多い。結果、記事が行方不明になって参照できなくなる。この新聞社だってこの記事について現在のスタイルでいつまで参照できるか保証していない。

次に毎日新聞のサイトをみると 要約も翻案になるのでと書いてある。要約ではうまく伝わらないことがあるのは自明の理。
ならばURLでということなのだろうが、これは記事の消失の可能性とナローバンドの地域の読者にはこの参照の手間は未だ負担も大きいことからやはり全文掲載が望ましいと思うのだ。

また今回程度の記事が長さなら、要約の意味はないし。


さらに今回の事例について言えば そのエントリーでも触れたが、行間ににじみ出た記事のレベルの低さや筆者のうっぷんばらしなどは実は全文を見なければうまく伝わらない。

もう一つ今回の記事では自身の不勉強さを棚に上げて
「医療に望む」
とボールを投げている。
これにきちっと答えを投げ返しているつもりである。
それにも全文引用を否定するのだろうか???

個人的には マスコミは引用についてのレベルを三段階ぐらいにわけて表示して欲しいものだと思う。それがいちばんすっきりすると思う。

たとえば 見出し記事、コラムは記事について具体的にコメント・論評するかぎりにおいては(単なる記事の紹介は認めない)際はURL付きで全文引用可としたらどうか?

その他の記事については
1)見出し記事同様。
2)一部引用可
3)URL表示のみ
のような三段階としてマーク表示したらどうかと思う。



 全文表示しないほうが、かえって誤解を招いたり、元々の文章が損なわれる可能性の方が高いと思っている。結果としてそれこそ著作権を損ない、書き手と読み手の双方に迷惑をかけかねないと思っている。

 それにつけても著作権を主張するほどの文章じゃないでしょう。公器を使っての私憤をはらそうとしているだけで、内容は新聞の投書欄以下でしょうに。

 沖縄は大好きなんだけどなあ。

 このエントリーは 今後加筆もしくは別エントリーでまた詳しく述べる予定。
スポンサーサイト
編集 / 2007.03.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。