スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
待ち時間について
カテゴリ: 地域医療~全国
こんな記事が沖縄の新聞社のページに記載されている。

http://www.y-mainichi.co.jp/?action_article_show=true&article_id=7505
医療機関を訪れて、待ち時間の長さや...

 全文転載不可とのことで要約するが
筆者があごが腫れて医療機関を訪れたときのことを書いている。

まず外科を受診した。そこで分からなければ、内科へ回してもらうように受け付けに話した▼診察にかかるまでに要した時間は2時間余り。医師は触診で「これは顎下炎ですから耳鼻咽喉科でみてもらってください」と診察はわずか数分で終わった

その後結局は開業医で歯からのものと診断された。
八重山病院での治療費に「非紹介初診料」があることも筆者としては釈然としないらしい


mixiを読める人はこちらもごらんください
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16277915&comment_count=27&comm_id=5351


 世間に通じているはずの新聞記者さんでも総合病院の受診の仕方にちついてこういう認識しかないのだから、情けない話だと思う。

 まあこの批判は、待ち時間に追加料金があり、なのに問題が解決できず、開業医で簡単に解決できた。そのため本当は県立病院の診療レベルに対しては批判したいものの、ちょっとそれははばかられると感じたか、周辺の事項についての批判のみに抑えたようにも見て取れる。


 それはさておき、残念ながら病院の待ち時間はなかなか減らない。それは何故か?理由は明快である。

 待ち時間が発生しやすい医療機関では待ち時間を減らす試みをしてもさらにまた患者が集まるからだ。結果としてさらにまた待つことになる。

 質の高い医療機関が待ち時間が減れば、そっちへかかろうかと言うのが人情だろう。本当は総合病院にかかりたいけど待ち時間が多いのが嫌で零細医療機関を受診するという人はたくさんいる。

 待ち時間をなくすなら完全予約制を取るしかない。急病だろうと何だろうと完全予約にすれば、待ち時間は減るだろう。でも歯が痛くなって歯医者に電話かけたら3日後の予約なら取れますと言われたことはないだろうか?

 私は上記の経験もある。またある患者さんを紹介しようとしたのだが、完全予約制で3ヶ月後まで予約はいっぱいですと実質的に断られたこともある。

 一方で待ち時間に関してのある患者さんの言葉も忘れられない。
「少々待つぐらいの病院でなければかかる価値がない」
けだし名言かも知れない。

 結局のところあるていど待ち時間を作って患者集中を抑制して現在以上の外来パンクをなんとか防いでいる・・・これが待ち時間の実態であると私は思っている。

 医師の数を増やさずに医療機関のフリーアクセスを維持する限り、待ち時間は基本的にはなくならない。これは間違いないと思う。多少の努力で少しは減らせると思うが、限界があるのは間違いない事実である。
 
スポンサーサイト
編集 / 2007.03.17 / コメント: 1 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。