スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
首相も宿直を そして禁酒を
カテゴリ: 未分類
宴席で飲酒後お産取り扱い 大阪の産科救急病院の副院長  asahi.com 2009年4月20日13時44分

 大阪府内の産科救急の中心的役割を担う石井記念愛染園(あいぜんえん)付属愛染橋病院(大阪市浪速区)の60歳代の副院長が、飲酒後に病院で「臨時当直」としてお産を取り扱っていたことがわかった。緊急対応の必要がないのに病院に宿泊し、臨時当直手当を受け取っていたこともあった。病院側は「逆子など困難なお産があったときには自分が診たいという熱意の表れ」と説明するが、厚生労働省は「あまりに常識外れ」としている。

 朝日新聞が入手した資料によると、副院長は06年1月~07年5月に計214回、勤務表に「臨時当直」と記入し、署名していたが、病院関係の宴会に出た後、臨時当直をしたケースが十数回あった。このうち、少なくとも3回は正常分娩(ぶんべん)を取り扱った記録が残っている。宴会後に病院に戻ったものの、分娩記録のない臨時当直も10回近くあった。

 07年5月、産婦から「酒のにおいをさせた男性医師が赤ちゃんを取り上げた。飲酒運転より悪質ではないか」と病院に投書があり、病院側が実態調査していた。

 同病院は274床を備え、リスクの高い妊婦に対応する総合周産期母子医療センターに大阪市内で唯一、指定されている。年間分娩数は約1700件で、常勤の産婦人科医は8人。毎日1人が病院で当直し、緊急時に備えた自宅待機の「宅直」も1人いる。

 副院長は取材に事実関係を認め、「飲酒後でも心配な患者がいる時は病院に戻った。飲んでから自宅に戻ると、深夜に緊急の呼び出しがあった際、車を運転して駆けつけられない。飲んだ時こそ病院に泊まらざるを得なかった」と話した。調査結果が出た後、病院から厳しく注意され、禁酒を心がけてきたという。 (以下略)



医療界では喜びの声が聞かれています。

お酒を飲めば これで呼び出しを拒否できると・・
呼び出しに応じられなくてもそのあとは病院管理職の責任ということ。


さて 日本国の首相たるもの もちろん医者より大事なお仕事ですから24時間365日オンコールですよね?

いや 違うんですか? 
ホテルのバーによくいくという話もありましたね。

そんなことでいいのでしょうか?
いつ北朝鮮がテポドン打ち込んでくるかわからないんですよ。

やはり いつでも対応できるよう 首相も宿直すべきではないでしょうか?

それとも 内閣でミサイル当番とか 内閣宿直とか決めてるのでしょうか?

そう言えば 酔っぱらって?恥かいた大臣もいましたっけ・・

多少の酩酊でも日本の首相なんぞ、十分勤まるということでしょうね。


え 私?

飲み屋から手術室直行したこと 何度もありますが 何か?
飲んでいて病室に戻って看取りをしたこともありますが?


ええ、これからは そんなことはいたしません。



ブログランキングにご協力を
          ↓
      
 



スポンサーサイト
編集 / 2009.04.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。