スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
眼科だから当直明けじゃないと思う~桝添大臣~
カテゴリ: 医療全般
ロハスメディカルから
「宿直」の扱い、「法改正すればいい」―舛添厚労相


 舛添要一厚生労働相は4月15日の参院厚生労働委員会で、現在の医療法の「宿直」と労働基準法の「宿日直」の内容が異なっていることについて、「これはみんなで考えて法改正すればいい。まずその作業を、いずれやらないといけないと思う」と述べた。(熊田梨恵)

 民主党の梅村聡参院議員が、医療機関は現在の労基法が求める宿日直態勢を維持するのが困難と指摘したことに対して答えた。



この法改正というのはどういう意味なんだろうか?。
今回のやりとりを呼んでいてもいまいちよくわからない。

「時間外労働」を強いられている現行の宿直制度を合法化するという法改正に思えてくるのだが・・

それよりも何よりもこの中での5ページ目にある桝添大臣の発言に注目。

5ページ目から

私も大きな手術受けたことがある、網膜剥離の緊急手術受けたが、眼科だから当直明けじゃないと思うので安心して任せられたが、内蔵や外科だとやめてくれと思うという気がするので、問題意識は共有している。


どこで手術を受けたのか知らないけど 眼科医だって全館当直やっている病院はたくさんあるし。
現にうちの病院だってそうだよ。

大学病院だって眼科も宿直はあるでしょう。

自分が眼科手術じゃなくて外科手術受ける段になったらその時初めて考えるってことか?


それから答弁を読む限り 厚労省の労働行政担当者もも腰が引けてる印象がぬぐえない。

正論を通したら、「医療崩壊の元凶は労働行政にある」と旧厚生省側から反発されたり、今後の人事面で報復されることを恐れているのだろうか??

などと ついうがった見方もしてしまうぞ。


ブログランキングにご協力を
          ↓
      
 
スポンサーサイト
編集 / 2009.04.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。