スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
エラーかファインプレーか
カテゴリ: 全般
ニューヨークでの飛行機事故が報道されています。
これだけの事故で死者が出なかったのは何よりです。

パイロットへの賞賛の声もたくさん上がっているようですね。

よくは知りませんが、パイロットの訓練では 飛行中にエンジンカットするようなことも行われるようなことも聞いたことがありますが・・
実際はどうなのでしょうかね。


私が以前いた麻酔科では、指導医の先生が言ってました。

昔は意地の悪い指導医は
突然モニターのスイッチ切って
「はい 停電になった。さてどうする?」

あるいは吸入麻酔の濃度をオフにして
「薬がなくなったので 他の方法で何とかしなさい」

とか麻酔回路の一部外して、それに気がつくかどうか試したり・・
いろいろやったもんだ・・



今なら なかなかできないでしょうけどね。





今回の飛行機事故で言えば、機長はじめクルーと救助した人たちのいわばファインプレーだと思うのですが、実際他の業界ではどんなものなんでしょうかね。

意外とこういう形で表に出ないファインプレーってたくさんあるのでは?と思うのですが。



古い話で恐縮ですが、70年代に リンドという野球選手が巨人に助っ人としてやってきました。全然役に立たずに「ジョン損」と並んで役に立たなかった外国人選手の代表だったりします。

リンド選手の守備はうまいというのが定評でした。その質についてはテレビ画面だけでは私にはよくはわかりませんでした。

打撃の方もさっぱりだったそのリンド選手ですが、この選手の守備について放送されたあることが記憶に強く残っています。

どの解説者が言ったか、あるいはコーチの発言をアナウンサーが引用したのか定かではないのですが、その内容は

リンド選手の守備はうまいわけではなくてスタートも遅いし、ファインプレーに見えるのは普通の選手なら普通に処理してしまっているし、普通の選手がファインプレーで捕るような打球はリンド選手なら確実に捕れない


というものでした。

ファインプレーに見えても 真のファインプレーではないこともあるということを中学生の時に知り、こおことは今も強く印象に残っています。


この野球の守備の話は 実は様々な業界に通じるような気がしてなりません。難しい打球でも捕りに行ってエラーすれば確実に叩かれるのが現代社会です。

それならば確実に捕れる打球を難しそうに処理する方がありがたがられるというものです。易しい打球も難しく処理して「名手」の誉れ高いヒトも様々な業界にいるのかもと思ったりします。


現代の医療のように難しい打球に横っ飛びにくらいついてそれでスコアボードに  が表示されたらそのうち誰も飛びつかなくなるかもしれません。


表に出ないファインプレーにも もっと光をあててほしいと思います。
そして誰もが捕れないような打球を一生懸命に処理しても処理しきれなかった時には、是非それを受けいれる世の中でもあってほしいものですが・・


それができなければ 自分の守備範囲を狭くして守備位置の打球だけを処理するようになるのは至極当然の流れだと思うのです。


この流れのままで本当によいのでしょうかね。


    ブログランキングにご協力を
          ↓
      
 

スポンサーサイト
編集 / 2009.01.19 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。