スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
航空身体検査を取り入れたら・・・
カテゴリ: 医療全般
パイロットの身体検査のマニュアルから・・

http://www.aeromedical.or.jp/manual/manual_1.htm

経口血糖降下薬、インスリン感受性改善薬等、糖吸収阻害薬以外の薬剤を必要とする糖尿病で、血糖が適切にコントロールされている者が国土交通大臣の判定を受けようとする場合には、血糖及びHbA1cの推移を含む検査結果、合併症の有無、治療内容を含む臨床経過の詳細等を付して申請すること。

高脂血症に対して血糖に影響を与える可能性のある薬剤を使用しており、血糖が適切にコントロールされている者が国土交通大臣の判定を受けようとする場合には、血糖及びHbA1cの推移を含む検査結果、合併症の有無、治療内容を含む臨床経過の詳細等を付して申請すること。



上記が 航空身体検査のマニュアルの一部ですが、パイロットであるためには技能証明に加えて航空身体検査の証明書が必要なんですね。

つまり 技術もあって しかも健康じゃないとダメ。

人の命を預かるってのはそういうことです。


実際には 上記に示したごとくで
とにかくパイロットという職業は基本的には薬はダメ。
高血圧とか甲状腺機能低下症とか高脂血症が一部例外。

しかし 高脂血症でも 飲み出して効果と副作用とが確認できるまでは乗務停止です。


というわけで 人の命を預かる医師にも 医療身体検査 を導入しましょう。

医者の場合 インスリンもSU剤も とりあえずOKにしましょう。
でもインスリン使用中ならば 急に低血糖のおそれもあるのでやはり乗務停止ならぬ手術中止が必要かもしれませんね・・

条件付き医療身体検査適合 というわけですね。

そもそもエアラインのパイロットが二人で行動しているのは 一人に急病が起きても対応できるようにということですもんね。

医者も何があってもいいように二人で診療するのを義務づけたらどうでしょうかね。

外来でも一人が診察して 一人が後ろにいて見張ってチェックしてチェックリスト読み上げたりするんですよ。
「血圧チェックよし。処方チェックよし。
患者の表情、不満あり。 I have」なんて言いながら診察変わったりして。

あとは手術の時もいつも交代が控えている。
たとえば外科医3人で手術するときは 待機がつねに一人待っているとか。
パイロットもいつでも交代できるように羽田とか成田に詰めているんでしょ。

もちろん 発熱したら無理して診療なんかしないし。
夜勤後は帰ります。
週休二日に 有給完全消化。

今月 君はまだ有給取ってなかったね。
じゃあ 明日はやすみなさい・・なんて上司に言われたりして・・


   ブログランキングにご協力を
          ↓
      

スポンサーサイト
編集 / 2008.06.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。