スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
地域医療においてはヒーローではなくメンター
カテゴリ: 地域医療~全国
 地域医療(特に過疎山村等において)聖地(逃散の聖地ではないですよ)のようなところが、いくつもある。そうしたところでは、以前より「地域医療の神様」のような先駆者たちがおり、そしてそのように取り上げられてきている。

 しかしながらそんな取り上げ方にはなんとなく違和感を感じている。その違和感は 地域医療は一人の赤ひげやスーパーマンではなく、システムで支えるべきと常に考えているところかきているのだろうか。

 最近その違和感のヒントが明らかになってきた。




 そのヒントとは地域で働く多くの医療従事者にとって(少なくとも私には)一番必要なのは神様やヒーローではなくメンターでありコーチではないかということである。

 私の参加しているあるMLの主宰者が最近急逝されたのだが、それに伴って今までに感じたことのない喪失感が続いている。そしてその理由はいったい何なんだろうと自問自答を繰り返している。

 私なりの現在の答えは その方がお会いしたことさえないのに 私にとってのすばらしいメンターであり、コーチであり、ロールモデルであったということだからだと言うことに行き着いている。

 MLでのその先生が付け加えたコメントにより、当のメールを出した本人でないのにそのメールを読んで癒されていた自分を今になって感じるのだ。失って初めて気づいたこの事実。その癒しがもう得られないとわかったが故の喪失感なのではないか・・・そんなところに現在の気持ちがあります。

 そう考えていくうちに地域で働く孤立しがちな医療従事者にとって一番大事なのはやはりその孤立感に対する癒しであり、癒しを患者さんや地域からでも得られるならばモチベーションは持続するけれど、そうでない場合にはやはりメンターやコーチというものが必要なんだろう・・・そんな風に考えるようになってきた。

 ヒーローを必要としているのはマスコミであり、多くの一般住民である。医療従事者にとって必要なのはヒーローではなくまずはロールモデルであろう。

 ただヒーロー的存在や神様を否定しているわけではない。すばらしい功績のある人にはそれなりの評価と賞賛があるべきである。またそうした人の活躍は啓蒙活動には有効である。

 私にとって現在の課題は・・・当然次のメンター兼コーチを探すということに他ならない。
スポンサーサイト
編集 / 2007.02.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。