スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
あとはドラえもん頼み
カテゴリ: 医療全般
医局で後輩と話をしながら 医師を続けていくとしたら
どんな技術が必要かということから脱線。

やっぱり分身の術が必要だな。
医者がたくさん居るように見せかけないと・・・
そういや名義貸しというのもあれも一種の分身の術か・・・

そんなところからやっぱりドラえもんの道具がほしいとさらに脱線。

やっぱりタケコプターほしいよな。
一番登場回数多いらしいし。

でもまず必要なのは どこでもドアだな。
病棟から外来へもひとっ飛びだし。
これさえあれば宅直可だから。
少しは楽になるかも??
いや 簡単に呼び出されてかえって労働強化になるかもしれないし。

で 少し調べてみたらWikipediaが充実していて これには驚いた。
タイムマシン系とか予測系とか人をコントロールする道具が
たくさんあってほしくなった。
地雷もモンスターもよけられそうだし。

でも 結局 一番必要なのは コピーロボットにおちついた。
どうでもよい会議にはやっぱり出てもらって
代わりに当直してもらったり・・・
モンスター出現の折にもやっぱり代理してもらおうっと。
これさえあれば 分身の術を学ぶ必要もないし。

でもこれはパーマンだったよな・・・って調べたら
ドラえもんにも出ていたんですね。

でも その前に こっちがまず必要だ。

それは国際保護動物スプレーだ。

まず近くにいる 産科医と小児科医の先生方には国際保護動物スプレー
を使わないとね。

しかし 宿題を片付けてくれるロボットがあればいいなあなんて
空想の世界に逃げているくらいだから 相当来ちゃってるのを実感。

ホントまずいです。

コピーロボット  Wikipediaより

鼻を押した人そっくりに変身するロボット。変身した人と同様に喋ったり、行動したりする。鼻のボタンをもう一度押せば元に戻る。

『パーマン』に登場するコピーロボットと同様のもので、作中でも「パーマンが使っている」という台詞がある。



国際保護動物スプレー(こくさいほごどうぶつ -) Wikipediaより

希少価値のある動物を保護するためのスプレー。保護しなければならない動物に巡り会ったとき、すかさずこのスプレーを吹き付けると、「国際保護ガス」なる気体が体にまとわりつき、外敵から攻撃されず、周囲の人々がみんなその動物を大事に感じるようになる(但し、人によっては「珍しいからうちで飼いたい」と捕獲しようとする事もある)。効果があるのはかけられた個体のみで、人間にも有効。保護効果を取り消す薬は無いそうなので、かける相手を間違えると大変な事になる。

スポンサーサイト
編集 / 2008.01.26 / コメント: 9 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。