スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
生活保護と訴訟
カテゴリ: 全般
H19年12月22日付の北海道新聞から

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/67213.php

「母子加算減額、廃止は違憲」 

生活保護家庭の道内女性9人提訴

 十八歳以下の子供を持つ一人親世帯の生活保護受給者に支給される母子加算の減額・廃止は最低限度の生活を保障する憲法に違反するとして、札幌、小樽、北見在住の女性九人が二十一日、居住する各自治体に減額などの処分取り消しを求める訴えを札幌、釧路両地裁に起こした。

 原告は二-十六歳の子供を持つ女性九人。訴状によると、九人の加算額は二○○六年度は月二万-二万五千円で、○七年度には廃止・減額により月ゼロ-一万六千円となった。削減後は憲法二五条が定めた「健康で文化的な最低限度の生活」を営むことができないため「処分は憲法や子どもの権利条約に違反している」と訴えている。

 母子加算をめぐっては、国は十六-十八歳の子供分を○七年度に廃止。十五歳以下の加算額は○七年度から段階的に削減し、○九年度に廃止となる見通し。

 同種の訴訟は、三府県で四人がすでに起こしている。



ネット記事には書いていないですが、新聞記事には

「水道代や光熱費を節約するため、入浴は週2回程度にせざるをえない。」
「貧しいパーティーでは馬鹿にされるので子供の誕生日のパーティーを開いてやれなかった」


とか窮状を訴えることがかいてありました。

生活保護では制約もあるでしょうから、いろいろつらいことはあるとは思いますけど、茶髪に染めた人が言っても説得力ないです。

申し訳ないですけど 普通はまだ減らせるって思っちゃいますよ?

健康で文化的生活の範囲には散髪代は入っても髪染めのお金は含まれないと思いますけどね。
スポンサーサイト
編集 / 2007.12.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。