スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
銃規制について思う
カテゴリ: 全般
佐世保での銃乱射事件についていろいろ報道されてます。なくなられた方や怪我された方には本当にお気の毒に思います。

事件が起きてからあれこれしたり顔で異口同音に「甘い銃規制」だなんて言っているテレビキャスターには閉口しますね。とは言え銃所持に関する診断書を書かなければならない立場としては本当にいつも悩んでいて人ごとではありません。

「麻薬中毒患者ではない」「精神病患者ではない」なんて内容の診断書を書かねばならないんですよ私達は。でも外来の短時間ではそれを保証するすべはないんです。

診断書を書くときは「両腕を見せてください。やばい薬物なんてやってないですよね?」って冗談めかして聞いてはみるものの注射以外の薬物もあるし、鼡径部や足指あたりの見にくいところで注射されていたらわかんないですよ。医師によっては「私は薬物をやっていません・・・」というような誓約書を書いてもらう人もいるという話も聞きますが、どれだけ有効かはわかりません。

結局は「私が診断書を書いた人がどうかこんな事件を起こしませんように」と祈りながら診断書を書いてます。


とはいえ結局はスポーツや狩猟で銃を完全になくすことはできません。またおそらくは銃による犯罪をすべてなくすことはできなくて・・・。

とするとあとはどれだけ銃犯罪を減らせるかと万一起きたときの補償をどうするかを考えるしかないわけで。

銃に関して保険があるのかどうかよくは知りませんが、銃犯罪補償保険を車の自賠責に準じて義務づけることと銃所持に関して連帯保証人制度を補償無制限で一人につき10名くらい義務づけることぐらいしか有効には思えないんですけどね・・・。

となり組監視制度みたいで嫌な制度かもしれませんが、銃所持に関してはそれくらい回りが監視して責任を持っていくしか犯罪は減らせないだろうし、その後の補償もできないんじゃないですかね。

銃所持に関する診断書を自分が書かずにすむことを祈るばかりですが、こればっかりは今のところ医者を辞めるか書かずにすむような診療科に転向するしかないんですよね・・・・
スポンサーサイト
編集 / 2007.12.20 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。