スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
村の泉 1
カテゴリ: 寓話

   村の泉

昔々のある村のお話。

その村は安全な飲み水が少ない村だった。
村の外れの小高い丘の途中に一カ所だけきれいな湧き水が
出ている泉があった。
でも湧いてくる水の量はとっても少なくて村中で大事に大事
扱っていた。

村人がみんなで守り番を頼んでその泉を大事に守っていた。
守り番もその期待に応えて時には寝ずの番をすることも
少なくなかった。

村人たちは大事な泉を守るため約束を決めていた。
泉は汚さないように水を汲む桶は順番を待っている間に
十回洗うのが決まり事だった。
そうして泉は守られていたし、水を大事に使っていたのだった。

ある日のこと、うっかりしていたある村人がひどく
のどが渇いて自分の飲み水を切らしていたことに気がついた。
そこでその村人は泉の守り番に
「私のどが渇いてしょうがないの 私を先に水を汲ませて」
と言って割り込もうとした。

泉の守り番は
「しょうがないなあ。じゃあ今度だけだよ」
と言って並んでいる村人たちより先に飲ませてあげることにした。

でも のどの渇いた村人は早く水を飲みたかったので
桶を洗わずに水を汲んでしまった。

そのため泉は汚れてしまってそのあとしばらく水を
汲むことができなくなってしまった。

順番を待っていたほかの村人たちは守り番に
「早く泉をきれいにしてくれ
 私たちも水を飲みたいの」
と責め立てた。

泉の守り番は泣きながら何日もかかって泉を掃除した。
守り番はこんなに一生懸命頑張っているのにと思い
掃除しながら泣いていた。

スポンサーサイト
編集 / 2007.11.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。