スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
TOUR OF DUTY
カテゴリ: 医療全般
Tour of Duty: First Season (5pc) (Full Gift)Tour of Duty: First Season (5pc) (Full Gift)
(2004/06/08)
Kim Delaney

商品詳細を見る


邦題は「グッドラックサイゴン」としてWOWOWで放送されたテレビ映画です。

どうしても見たくて 英語版のDVDを手に入れたのですが
残念ながらテレビでは見られない状態でした。

あれこれ調べ そして あるDVDプレーヤーを手に入れてようやく 
リージョンコードの壁を越え アメリカ製DVDを見られる環境ができました。


というわけで理解できる単語をつなぎながら あり得ないくらいの集中力をもって
見る毎日が始まりました。
ここでは first season だけあげましたが complete boxを買ったので
全部で15枚のDVDありますし・・・

ユーロは終わったものの長い夜が続きます・・



しかし プラトーンにしろこの tour of duty にしろ ベトナムにおける米軍人の姿は
日本の医療界における医師の姿は似通っていますな。


とすれば 医療改革が成功するためには ベトナム戦争に学ぶ必要がある。

でもことは簡単ではない。

ベトナムでの失敗を何回も繰り返しているようだしね・・。

しかし テレビ放送ではローリングストーンズの Paint it black が
タイトルバックに流れていたのにDVDでは変えられている。
これはとっても残念の一言に尽きるな。

スポンサーサイト
編集 / 2008.06.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
闘いの基本
カテゴリ: 医療全般
http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/gairaikannri/kougibun.pdf
http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/080623kougi.html

厚労省もみっともないことやっているなあ。

戦争するならもっと十分に調べてがつんとやらないと。


だいたい 時間外診療のデータ使って時間内診療の規制することはどう考えたって説明できないよねえ・・。

もっとも 時間内のデータはいいのがないはず。

だいたい薬のみ診療の実態が明らかになると 保険医療機関だって無事じゃすまない。
一方で 厚労省もますます医者が足りないってデータが出てきて・・・

お互いに困るだろうね・・


私?
基本的に薬のみ診療はやってませんので大丈夫です。

編集 / 2008.06.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
疑問
カテゴリ: 全般
秋葉原の事件 本当に痛ましい限りである。
ケガをした人のなかに直接は接点はないが 母校の先輩もいたことを知った。



ところで成人した自分の子供が殺人事件を起こしたら・・・

芸能人でも著名人でもない親は記者会見を開いて謝罪せねばならないのか?


道義的とかそういう枕詞なしで どうなんだろう。



もし 自分の子供がやらかしたとして・・・

どうせ社会から隔絶された生き方を要求されるだろうし
あとはひっそりとしか生きていけないだろうし。
それで十分なんじゃないか・・

   ブログランキングにご協力を
          ↓
      


編集 / 2008.06.13 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
シミュレーター
カテゴリ: 医療全般
simu4.jpg


機会あって 双発機のシミュレーターを体験できた。

画像もリアルだし(衛星画像を使用しているとのこと)体感もまさに実機に乗っている感じである。

素人でも体験で借りれるらしい。
1時間 31500円 とのことで意外と安いと思う。

医療もシミュレーター使えればなあ・・・

モンスター患者が出てくるシミュレーターとか・・・




編集 / 2008.06.09 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
やっぱり 大久保
カテゴリ: サッカー日本代表
とうとう やっちゃったね だから信用できないんだってば。

前々から指摘してるとおりで 流れ変えたくて投入しても
挑発に乗って一発退場がおっかないんだよね~
だから KYな選手は代表に使っちゃいけないんだよ。

一人道連れにしたのが救いだけど この暑さで人の数が減るのもね・・
編集 / 2008.06.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
航空身体検査を取り入れたら・・・
カテゴリ: 医療全般
パイロットの身体検査のマニュアルから・・

http://www.aeromedical.or.jp/manual/manual_1.htm

経口血糖降下薬、インスリン感受性改善薬等、糖吸収阻害薬以外の薬剤を必要とする糖尿病で、血糖が適切にコントロールされている者が国土交通大臣の判定を受けようとする場合には、血糖及びHbA1cの推移を含む検査結果、合併症の有無、治療内容を含む臨床経過の詳細等を付して申請すること。

高脂血症に対して血糖に影響を与える可能性のある薬剤を使用しており、血糖が適切にコントロールされている者が国土交通大臣の判定を受けようとする場合には、血糖及びHbA1cの推移を含む検査結果、合併症の有無、治療内容を含む臨床経過の詳細等を付して申請すること。



上記が 航空身体検査のマニュアルの一部ですが、パイロットであるためには技能証明に加えて航空身体検査の証明書が必要なんですね。

つまり 技術もあって しかも健康じゃないとダメ。

人の命を預かるってのはそういうことです。


実際には 上記に示したごとくで
とにかくパイロットという職業は基本的には薬はダメ。
高血圧とか甲状腺機能低下症とか高脂血症が一部例外。

しかし 高脂血症でも 飲み出して効果と副作用とが確認できるまでは乗務停止です。


というわけで 人の命を預かる医師にも 医療身体検査 を導入しましょう。

医者の場合 インスリンもSU剤も とりあえずOKにしましょう。
でもインスリン使用中ならば 急に低血糖のおそれもあるのでやはり乗務停止ならぬ手術中止が必要かもしれませんね・・

条件付き医療身体検査適合 というわけですね。

そもそもエアラインのパイロットが二人で行動しているのは 一人に急病が起きても対応できるようにということですもんね。

医者も何があってもいいように二人で診療するのを義務づけたらどうでしょうかね。

外来でも一人が診察して 一人が後ろにいて見張ってチェックしてチェックリスト読み上げたりするんですよ。
「血圧チェックよし。処方チェックよし。
患者の表情、不満あり。 I have」なんて言いながら診察変わったりして。

あとは手術の時もいつも交代が控えている。
たとえば外科医3人で手術するときは 待機がつねに一人待っているとか。
パイロットもいつでも交代できるように羽田とか成田に詰めているんでしょ。

もちろん 発熱したら無理して診療なんかしないし。
夜勤後は帰ります。
週休二日に 有給完全消化。

今月 君はまだ有給取ってなかったね。
じゃあ 明日はやすみなさい・・なんて上司に言われたりして・・


   ブログランキングにご協力を
          ↓
      

編集 / 2008.06.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
YS11
カテゴリ: 全般
羽田空港でちょっと時間があったので展望台へ・・

遠目だったのではっきりしないけど 誘導路を海上保安庁のYS11と
おぼしき機体が動いていたのが見えた。

懐かしい機体だなあ・・

私が乗ったのももう30年以上前だった・・・

YS11haneda


編集 / 2008.06.06 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
襲撃に備えよ
カテゴリ: 医療全般




中で紹介されていますが 業界紙というのあるそうで 鍼灸柔整新聞というものなんだそうですがそこでは・・こんな見出しがあるようですね。


  『バッシング襲来に備えよ』
  朝日新聞が健保組合にアンケート
  週刊現代も取材活動活発に



  『恐れるべきは世論の形成』
  国民の支持を失えば存続の危機に
  柔整に関するアンケート・天下の朝日新聞が誤字!?



なんか見出しは 戦時中を思い起こさせるような見出しですけどね・・

後期高齢者とか外来管理加算に手をつけるより先にすることがあるでしょうって ま言っても無駄ですかね・・
編集 / 2008.06.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ダイヤモンドサッカーの時代
カテゴリ: サッカー全般
「ダイヤモンドサッカー」の時代「ダイヤモンドサッカー」の時代
(2008/02)
JDFA

商品詳細を見る


最近 サッカー関連の書籍が増えました。
華やかなものばかりでなく、一瞬の光だったりあるいは懐古的なものもたくさん読めるようになったのはうれしい限りです。

というわけで 50年代60年代生まれには欠かせなかったサッカー番組をとりあげたこの本買いました。


まあ 読んで本当に懐かしいですね。
当時のことが鮮烈によみがえります。

ただ この本に不満もいくつか・・
一つは インタビュー含めて内容に重複が多い。
あとは 釜本の出身校である山城高校が大阪府立になっていたりして 資料的な面もまだ不足してるし、チェックも不十分・・・・これはいただけない。

それから 大事なことを一つ忘れている。
「ダイヤモンドサッカー」は東京のお話。

私はサンテレビで見ていたので 題からして違う。
「ワールドサッカー」とかになってたと思う。
三菱が提供じゃなかったと思うし。

だからダイヤモンドサッカーは 関東の人のものなんだよ。
番組リストだけじゃなくて いつからどこの放送局でも放送するようになったとかそういうことを書いてほしかったなあ・・


それにしても この番組ほかのキー局では絶対放送できなかっただろうし、東京12チャンネルだからメジャーにならなかったのだろうし・・微妙なバランスの上で成立していたことを今更ながら気づく。



サッカー情報に餓えて 食い入るようにテレビを見ていたあの時代

サッカーマガジンで放送予定をチェック
サンテレビはしかも1週遅れだったはず。

試合の内容 何分にどっちが点を入れるかまでチェックしてから見ていた。
74年ワールドカップの時はゴール集を買い、それで得点パターンまで確認してから見ていた・・

この本を読んで改めて思うが 金子アナと岡野俊一郎のコンビの放送を一度でいいから復活してほしい・・

皆さん Jスポーツにメール凸しましょう!





編集 / 2008.06.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。