スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
医師易老学難成
カテゴリ: 医療版 悪魔の辞典
医師易老学難成

一片訴訟不可軽

未覚白塔赤髭夢

院前梧葉已冬声


医師老い易く学成り難し

一片の訴訟軽んずべからず

未だ覚めず白塔赤髭の夢

医院前の梧葉すでに冬声

【解釈】
医者といえども年はとり易くあっという間に数も足らなくなって
医学も成立しなくなってしまう。

だからわずかな訴訟も馬鹿にしてはいけないのだ。

白い巨塔で赤髭をも夢みていたのだが

その前に医院経営もすでに冬の時代となってしまった。
スポンサーサイト
編集 / 2007.08.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
報道記
カテゴリ: 医療版 悪魔の辞典
行く記事のながれは絶えずして、しかも本の記事にあらず。

よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。

世の中にある報道人とマスコミと、またかくの如し。

玉しきの日の本の中にスクープをならべ売り上げをあらそへる、

たかきいやしき報道人は、誠に盡きぬものなれど、

これをまことかと尋ぬれば、心ありしマスコミはまれなり。

或は記事がたたかれて新たに造るも、産科ほろびて無医地区となる。

他の医療もこれにおなじ。
編集 / 2007.08.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
医家物語
カテゴリ: 医療全般
ICUのモニター音、諸行無常の響きあり。
   
当直医の顔の色、医者必衰の理をあらわす。
   
日本の医療久しからず、ただ春の夜の夢の如し。
    
医療人もついに滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。
編集 / 2007.08.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
新「雨ニモ負ケズ」
カテゴリ: 医療版 悪魔の辞典

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

慾ハナク

決シテ瞋ラズ

イツモシヅカニワラツテヰル

一日ニコンビニ弁当ト

カップラーメント詰所ノ菓子ヲタベ

アラユルコトヲ

ジブンヲカンジヨウニ入レズニ

ヨクミキキシワカリ

ソシテワスレズ

病院ノ日ノ当タラヌ

小サナ当直室ニヰテ

外来ニ病気ノコドモアレバ

疲レタ小児科医ヲ呼ンデヤリ

分娩室ニ破水シタ産婦アレバ

アチコチ電話ヲカケマクリ

病棟ニ死ニサウナ人アレバ

行ツテトニカク呼吸器ヲツナギ

同僚ニクレームヤソシヨウガアレバ

オノレニフリカカラヌヨウニト願ヒ

当直ノタビニナミダモ枯レテ

医局ノソフアデ死ンダヨウニ眠リ

マスコミニデクノボウトヨバレ

ホメラレモセズ

罵倒ヲ浴ビテ

サウイフモノニ

ワタシハ

ナリタクナカツタ
編集 / 2007.08.24 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
20××年 某病院の外来にて6
カテゴリ: 近未来日記
20××年 某病院外来にて6 

救急外来に患者が運ばれてきた。
電話を受けて待機していた産婦人科医が駆け寄った。
若い医師が大勢付いてきている。
一頃の産科医不足が嘘のようだが・・・

救急隊員が説明を始める。

救急「25才の女性。1時間前より陣痛始まったようです。
   30分前に破水したようです。
   検診は受けていないとのことです。」

医師の顔が一瞬曇った。
手早く外来処置室で診察をした後叫ぶ。

医師「すぐに分娩室に運べ。カイザーの準備もしておけ」

別の若い医師が妊婦と付いてきた男性に説明を始めた。

医師「すでに破水していますのでモニターしながら分娩を開始します。
   これから重要事項を手短に説明します。
   分娩については3年前の分娩事故補償法により、万一の胎児及び
   母体の事故については故意またはそれに相当する過失以外は
   無過失保障制度のみによる保障のみで訴訟はできません。
   また今回妊娠においては検診を受けられていませんので
   保障は20%まで減額されます。
   以上ご了解下さい。
   
   緊急に帝王切開が必要になることがあります。
   時間の余裕がない場合口頭での説明のみになりますので
   これらについてご了解下さい。」

家族「は・・はい」

引き続いて事務が口をはさんだ。

事務「費用について説明いたします。
   出産費用は当院での検診を受けていない場合通常の200%増しに
   なりますので約○○○万円かかります。
   また無過失保障保険料として別途△△万円かかります。
   預託金として○××万円を明日までにお支払いいただくか、
   クレジットカードの登録をお願いいたします。」

家族「そんなに払えるわけないだろう 急に・・」

事務「大変申し上げにくいのですが
   もし明日までにお支払いいただけない場合
   出産一時金と足りない部分については給与等の差し押さえ手続きを
   させていただきますのでどうぞご了承下さい」

家族「そんな無茶な~」

事務「医師法上 私どもも診療拒否はできませんので
   このまま診させていただくよりありません。
   つきましては 必要な費用は必ずご負担いただきます。
   支払い困難等ありましたら 各種の補助、生活保護などは
   市役所にて相談窓口もありますので
   そちらでご相談なさってください。」

家族「・・・」

20××年 絶滅寸前となった産科医は増加し始めた。
分娩事故に対しては原則訴訟を認めないことになり、一番訴訟リスクの低い
診療科として研修医の人気が高まったのだ。

一方で高額の保険、分娩費のため検診を受けない妊婦が続出。
検診なしの分娩費の値上げと悪循環となったのだった。

かくして 道産子が北海道以外でもたくさん生まれることとなった。

しかし 新生児死亡率は昭和30年代のレベルまで上昇したのであった。
編集 / 2007.08.07 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。