スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
数的劣勢の戦い方
カテゴリ: サッカーから学ぶ医療
先日 退場者が出た時の戦術について少し触れた。

今一度 少し整理してみたい。
ただ 軍事オタクじゃないので ピントずれならご容赦を。



サッカーで 同格同等の相手とトーナメント戦を戦っていた時に
DFを一人欠いた時を考えよう。


一般には 前線の選手を一人外してワントップにして
DFの選手を投入して 守備のやり方は大きくは変えないことを
よくみかける。

トップの選手のチェイシングは効かなくなるので
ある程度 キープされるのは仕方がない。

ボールがセンターラインとペナルティエリアの中間ぐらいに
入った時から真剣に取りに行き、少ない人数でカウンター。

以上の やり方が まあごく普通だ。



注意することは 
チャンスなら人数をかけて攻めることはあるが、タイミングを
選ぶこと。

特定の選手だけを疲れさせない。
(言い換えれば あまり走らず 守備をしない選手は下げる)

できるだけ 敵陣で 1対1の局面を作る。

セットプレーは最大限に生かす。
(数的劣勢が現れにくい)




軍事オタクではないけれど もし わたしが数的劣勢の戦を
する武将になったつもりで考えてみると・・・

1.籠城する。( ま 守備をかためることですね)
2.機を見て奇襲、夜討ちをかける(カウンター)
3.乱戦に持ち込み相手の混乱を誘う
   (いらいらさせて 相手の退場を誘う)
4.局地的には数的に劣勢を挽回する
   (敵陣での1対1)
5.ゲリラ戦に持ち込む
   (だらだら試合を進めて 延長戦に持ち込む)
6.大将同士の一騎打ちに持ち込む (PK戦だね)

こうまとめると 意外とわかりやすいな。




さて 数的劣勢の現在の医療界。

集約化というカテナチオ的守備的戦術は実行中である。

厚労省は 延長戦に持ち込もうとしているが、
現在のところ あとは本丸を残すのみと言う地区と診療科が目立つ。
城は陥落寸前なのだ。


とすると
やはり現在 有効な作戦は 敵陣での1対1をどう作るか・・か。

そのためには・・全部まともにやることは やはり無理。
左サイドは 1対2で対応し 右サイドは 1対1にするようなやり方を
選ぶしかないのだ。

すなわち どこかの地域は 犠牲にするか あるいは数が多くても
その敵が攻めないようにする何か策が必要なんだが・・


何か いい策は ないものか?
選手が増えるのを待っている余裕は 少なくとも私にはないのだが。


    ブログランキングにご協力を
          ↓
      


スポンサーサイト
編集 / 2008.12.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
医療に退場者が出たら
カテゴリ: サッカーから学ぶ医療
前回のエントリでは
マンUに一発レッドが出て 数的劣勢になった時の話を書いた。

この数的劣勢になったチームって 医療との共通点が多々ある。


たとえば あるサッカーチームをある産婦人科医局に例えますかね。


・・・・・・・・・・・妄想開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 某大学産婦人科医局チーム(システム 3-5-2)
 オーナー:一応 文科省 実際はGMに丸投げ
 GM:GKとしてプレーもする 教授
 GK:教授と准教授が交代で出場
 DF:大学病院正職員
 MF:地域の病院(一般病院と周産期センター)
 FW:開業医、または公的零細診療所
 ベンチ:医局員
 ユース:大学医学部
 留学:大学院生、ホントに留学している人も含むけど・・





監督は言わずとしれた教授先生。
プレイングマネージャーでもあり、GMも兼務しておりこのチームでは
基本的には誰も逆らえない。
たいてい テクニックよりも理論派。
DFがカバーしないと 試合が壊れてしまう。
出張も多いし、手術と呼ばれる公式戦では たいてい終了の笛の前に
シャワールームにいる。

自動車産業リーグでは オーナーとかGMが試合にでるなんて
ありえないけど、医療業界リーグのチームはこれが標準。
最近 新入団選手が減っていて チームの平均年令が上がり
世代交代に失敗しているのが 一応悩み。
チームによっては プレイングマネージャーである教授がFWの
交代選手に出ているところもある。


この産婦人科医局チームはスリーバックが基本。
このスリーバックはいわば最終ライン。大学の助教、医員たちだ。
スリーバックの真ん中にはたいていベテランの医局長がいる。

このスリーバック GKとか監督はあまり信用していない。
バックバスなんかしたら かえって仕事が増えることもあるので
たいてい 身体を張って自分のところでブロックするよう心がけている。

でも たまに紹介状というロングシュートがGKに飛んでくる。
無回転シュートはファンブルするからいつもカバーに走ってる。
これがとってもつらいらしいな。

また このチームの宿命は 前線のバックアップが多いこと。
いつも前線と交代して宿直や代務というオーバーラップを
繰り返さなければならないんだ。
三日間洗濯なしのパンツをはき続け、羊水という土砂降り降雨の
中の試合もあるんだ。



そしてボランチ。最近は人数が減ったのでワンボランチ。
産婦人科チームでは 普通 周産期センターと呼ばれてる。
母胎搬送を引き受けて 医局チームの要なんだ。

ただ このワンボランチ 作戦じゃないんだよね。
人材不足で本来のダブルボランチが維持できなくなったんだ。
集約化によるワンボランチ作戦なんだが、やっぱボランチが
オーバートレーニング症候群になりつつある。
浦和の鈴木や 昔、清水の市川もなったな。そう言えば。


ワンボランチなら ボランチ以外のMFが以前はそれでもあと4人
いたんだけど・ 医局員引き上げという退場騒ぎがあって
最近は3人になっちゃった。

このチームの 両サイドバックはホントに運量豊富。
前線への宿直、代務、手術応援にも走り回るし。
自分のところでたくさん処理してるよ。



そして トップ下に一人。
どこのチームでもそうだけど 運動量抜群のトップ下はあまりいない。
産婦人科医局チームもそうなんだ。
この トップ下は テクニック抜群。
不妊治療のスペシャリスト。

時々 多胎という難しいバックパスを ゴールキーパーと
DFラインの間に戻してくるんだよ。
困った奴なんだけどさ。
不妊症攻撃には こいつのテクニックをもって対抗しないと勝てないので
絶対外せないんだな。


そうそう 産婦人科医局チームの伝統は
ある程度DFやMFで鍛えてからFWとして前線でプレーするんだ。
比較的高齢のFWが多くてね。
でも この高齢のFWが お産というゴールをたくさん取ってくれて
いたんだ。

それがさ・・
最近困ったことに引退するFWが増えているんだよね。
あるいはさ 婦人科専業リーグに移籍しちゃったり。


でさ 最近は試合にメンバーが集まらなくて困ってる。

というわけで 最近のシステムは 3-4-1。

キーパー入れても 9人で試合してるよ。
退場が出たんじゃなくて 最初からメンバーが足りないんだ。


井原も言ってたじゃん。

「メンバーが足りません」って

あれって 医局チームの選手の話だったんだぜ。

とにかくさ ブラジル留学中のやつは試合に出せないし。
大学院に短期留学中のメンバーを呼び戻しながらさ
常に控えFWとして使ってるんだけど それも限界だ。



それからさ 最近はユースの方もぱっとしないよ。
ユースの数減らされてたしなあ。
ユースからは これはと思う奴には声をかけているんだけど
最近は眼科医局チームとか 皮膚科医局チームとか
有名市中病院の方が人気なんだ。
うちのチームにはなかなか入団してくれなくてさ 困ってる。


そうそう 最近では困ったことも起きた。
相手チームが判定が不服で 試合後にコミッショナーに 
なんかごり押ししたらしい。
それを聞いたサポーターが、大騒ぎしてるんだ。
サポーターと言っても 喧嘩したり、トラブル起こしたりする
フーリガンらしいけど。
そうそう 首謀者の一人は evreyday とかいう名前だったかな。


でも 最近のレフェリングは厳しいなあ。
常にアウェーだぜ。

home town dicision(微妙な判定はホームチーム有利に判定すること)
ばかりされるとなあ。

FWに攻めろって 言ってもパスを後ろに戻すだけだぜ。

サッカーもなあ 試合が成立するのは 7人までなんだけど。


試合に出られる人数は少なくなる訳だから 後ろのメンバーが
ケガしても困るし がちっと集約化(カテナチオと読む)して引いて
守ってカウンターしかないわけだ。

この劣勢の中でも なんとか数的優位を作り出すしかないのだが
まあ スタミナも限界だ。


最近の試合は 相手は交代自由でしかも15人ぐらいに
いつの間にか増えているし。
サポーターは 医局チームへのヤジばかり。
少しでも文句言えば すぐにイエローカードだし。

一発レッドがいくつか続いて あれから引退した選手もふえたっけ。

・・・・・・・・・・妄想終了・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ま そんなわけで 失点しないようには皆さん頑張っていますが

そりゃ いつかは失点しますって。



そもそも 医療リーグ全体が サラリーキャップ導入されていて
どんどんそれも引き下げられている。


「大砲」とか「シカ」チームにはお金ふんだんにあるらしいけどね。







    ブログランキングにご協力を
          ↓
      

  
編集 / 2008.12.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
退場者が出たら
カテゴリ: サッカーから学ぶ医療
クラブワールドカップ決勝。

マンチェスターUが 後半退場者を出した。
このとき監督 サー・ファーガーソンはどう選手を交代させるのか
非常に興味深く見ていた。

そのときの点差やリーグ戦かトーナメントなど 状況にもよるが
主要な大会などでは DFが欠けた時は 攻撃1枚外してでも
DFを補充して最終ラインなど守備の基本的スタイルは
あまり変えずにいくことは多い。


そして この試合 ポジションの変更で対応するのか あるいは
選手交代を使って対応するのか。この点も興味津々。

結果は ファーガソンがDF(センターバックの選手)を入れるようであった。

そこで私も考えた。

果たして誰と替えるのか・・・



  パク・チソンをまず考えたが、動きもよかったしね。
  ここを外したらDF入れる意味もないかも?

  ルーニー?
  熱くなって二人目の退場者となる確率も高い選手。
  得点能力は高いけど・・

  ロナウド?
  アタッカーとしての能力は高いが、DFへの貢献は今ひとつ
  ワールドカップなら 外すことはあり得るけど
  クラブなら さすがに今のクリスチャーノ・ロナウドは
  交代させられないか・・

  ワールドカップでは よく退場者を出すイタリア。
  古くはアメリカで バッジオを下げたこともある。
  日韓では トッティも下げた。
  そういうことも頭をよぎったが・・・
  ファーガソンは替えないだろうなとも思った。

  キャリック、アンデルソンの中盤は替えにくいところ。
  パク・チソン除けばここをやれる選手はいないし。

  となると・・・
  外すのは テベスかルーニーか・・・

  もしこのあと一点取られて 反撃する時があれば
  ルーに外していると ちょっとつらいかも?



以上が私の思考で 結論は テベスだった。


ファーガソンの思考回路はわからないが
実際の試合では 私の選択と同じく テベスに替えてエバンス投入。


結果論で言えば ルーニーを残したことが正解となったが、
大失敗になった可能性もある。



今回はDFを補充したが 退場者が出た時の戦術としては
攻められるのを覚悟でDFを外すと言う手段もある。

トーナメントで負けていて 時間も少ないときは
カウンターも食らう覚悟で 人を変えずともDFをあげて
攻めに人数を割くこともある。
アジアカップで 中澤をトップにあげて 同点ゴールを
得たこともありましたね。

ただ いずれにしても数的劣勢になった時に 一瞬の輝きよりも
常に汗をかく人 オシム流に言えば水を運ぶ人か・・
こういう選手の重要性が増すのは確か。


また 数的劣勢では注意することは他にもある。
特に、攻めにかけることのできる人数も少なくなるので
攻め方にも工夫が必要。

数的劣勢のある時の攻め方の鉄則は
「何とかして 数的劣勢のない局面を 敵陣で作ること」

はっきり言えば 中盤すっ飛ばしてもよいから
敵陣で1対1を作れと言うこと。

マンUも ルーニーめがけて一本のパスで 数的劣勢を感じさせない
攻めをしていたね。


人数をかけないで攻めて しかも点を取る。
ま これができれば どんな試合でも勝てるんだけど。

サモラノ、サラスがいた頃のチリ代表は このあたりがすばらしくうまかった。
2人で4人のDFを攻めていたはずなのに いつの間にか1対1になって
個人でこじ開けたり、あるいは点で勝負するラストパスを出していた。

点で勝負した時は たいていはそこは 1対1になるので 他のポジションの
数的劣勢はあまり関係なくなるのだ。

個人の能力も高く そして人数をかけない攻め方をよく知っていた。



で この話を 医療にかぶらせるんだけど・・・
長くなってしまったので 続きはまた。

    ブログランキングにご協力を
          ↓
      

  
編集 / 2008.12.22 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
Powered by 名言集および格言集
プロフィール

くらいふたーん

Author:くらいふたーん
本業はプライマリケア

ワークライフバランスの
確立が現在の最大の
関心事

夢は
半農半医 ちょっとサッカー

味噌は自家製。
規模は縮小したが、
畑も少しやっている

芝のミニサッカーコート
作っちゃいました

ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2ブログランキング
ブログランキングに参加中

FC2ブログランキング

お気に召せばポチっとご協力を
なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。